ヘルペスの薬バルトレックス

バルトレックスはヘルペスに効果的な治療薬です。ヘルペスには、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどありますが、感染しても気づかずに、相手にうつしてしまったり、放っておくと悪化したりするので、バルトレックスで早めに治療をしましょう!

バルトレックス500mg
バルトレックス1000mg

垂直感染と性病はオロナインよりバルトレックスで治療

性病、現代では性感染症と呼ばれている病気は一般的に「性交渉によって感染が広がる」と考えられていますが、この認識は正しいものであるとはいえません。
もちろん性交渉によって感染が広がることは事実なのですが、実際には性感染症を引き起こすウイルスや細菌は粘膜に潜むことがおおく、性交渉をしなくとも粘液感染をして広がる可能性があるのです。
加えて注意が必要なのは垂直感染と呼ばれるタイプの感染で、これは性感染症にかかっている母親が子どもを出産する際、その子どもに原因となるウイルスや菌が移ってしまうことによって発生します。
ここで見落とされがちなのがヘルペスで、これは感染者数が多いうえに感染後、一時的に症状が治まることも非常に多いため、知らないうちに垂直感染が発生していたというケースが少なくないのです。
こうしたことを防ぐにはやはり、事前の予防が必要です。
そこで重要になるのがバルトレックスという抗ウイルス薬で、これはヘルペスの原因となるヘルペスウイルスの活動を効果的に阻害してくれる存在となっています。
バルトレックスは既に特許が失効する程度には古い薬ですが、それでもヘルペスウイルスへの対策としては特に優れているため現代でも広く医療に利用されており、かつジェネリックの登場によってこれまでよりも安く治療が行えるようになっているという特徴があります。
尤もヘルペスウイルスは一度感染するとその後感染者の体内に残り続けるために根治させることは難しいのですが、バルトレックスをはじめとした薬を適切に利用すれば垂直感染は高確率で防げます。
時折「困った時はオロナインを塗っておけば大丈夫」というようなことを考えている人も見受けられますが、これは完全に間違った考え方です。
ヘルペスの垂直感染は最悪の場合、生まれてくる子供を死なせてしまうことにもつながるのですから、必ず医師に相談して適切な治療を受けるようにしてください。